<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

改めまして

もうご存知の方も多いと思いますが
2010/5/26(水)11:00に
マロが亡くなりました。

客先で作業中に父からメールが入り、
遂にきたか…という思いと、
もうこれでマロが苦しむことはないんだ、という安堵感、
最後に会えなかったことの悔しさ、
病んだ姿を見なくて少しほっとした…などなど、
色んな感情が湧き出てきました。

すぐに父に電話すると
滅多に泣かない父が号泣していて、
私も思わず仕事中に貰い泣き。
今は客先なのでヤバい、
ということで早めに電話を切り、
サーバの前でしばらくぼんやり。

この辛さを一人では抱えられなくて、
マロを良く知る友達にメールで連絡すると、
すぐに皆さんから温かい返事をいただきました。

あのやんちゃなアホ犬は、
私たち家族だけでなく、
友達にも大切に思われていて
なんて幸せな奴だったんだろう。

15年、皆の愛情をたっぷり受けて、
自由で、我が侭し放題で暮らし、
最後の2ヶ月だけ病気で苦しんで、
家族に迷惑もかけず、
自身も苦しみを長引かせることなく
さっと潔く逝った。

ほんと勝ち組人生を歩んだ犬だったなあ。

皆さんの温かい言葉のおかげで、
そういう風に感じることができ、
メンタルは割りと平気です。

本当にありがとう!
その言葉にどれだけ救われたか…。


今は実家に帰省中。
亡くなったその日の内に
火葬して骨になったマロに
会いに行ってきます。

でも一番の目的は
両親を慰めるためかな。
病んだマロを介護して、
最後を看取った両親は
本当に本当に辛かったと思う。

弟も私も実家を離れているので
この土日で帰省して
美味しい東京土産を食べながら、
マロの思い出話に花を咲かせながら、
両親を元気付けてこようと思います。
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-28 12:02

ううう・・・

【2010/05/25】

またマロの話になりますが、
やはり体調がよろしくないらしい・・・。
今日、明日どうにかなるというわけではなさそうだけど、
予断は許さない状況だそうで・・・。

というわけで、
今週末に香川に帰省しようかと思います。

正直言って、あまり帰りたくない。
あまりというか、かなり帰りたくない。

私は今年3月に会った、
とても元気なマロの姿しか知らなくて、
それがオムツをして、
自分でろくに歩けなくて、
ガリガリにやせ細った姿になってるなんて・・・。

徐々にそうなるのなら、
まだ心構えができるものの、
いきなりその姿を見るのは辛すぎる。

そして、一番嫌なのが、
私が東京に戻るとき。
もうこれで一生会えない可能性が高くて、
それが分かった上でのお別れなんて、
耐えられるかどうか。


でも、ここで帰らないと
絶対に後悔する。
私の帰りたくない理由なんて、
15年間のマロへの愛情に比べたら、
カスみたいなもんで、
ここはやっぱり会いに行ってあげるべきだと思う。


私、人前で泣くのが大嫌いで、
自分の結婚式でも泣かなかったけど、
今回ばかりはダメだろうなあ。
マロと別れた後の飛行機の中なんて、
とてもヤバイと思う。

それにしても
家族ともう一生会えなくなるかもしれないなんて、
本当に辛いなあ。


マロも腫瘍が大きくなって、痛みで辛いし、
介護をしている両親の負担も大きいし、
家族のメンタルもきついし、
もうこんなことなら、いっそこのこと
早く亡くなってしまった方がいいんじゃないか、
と、頭の片隅で酷なことを思う自分も居て、

でも実際にそうなったら、
そんな弱いことを思った自分が情けなくて、
マロ、ごめん!とか土下座して号泣しそうで、
最近は、こんな感じで複雑な感情が入り乱れてます。
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-25 22:42

処刑人熱

10年越しの憧れの映画を
大スクリーンで、
かつ重低音バッチリの高音質で観てしまったので
まだまだ興奮はおさまりそうにありません。


いつもの魚民や庄やではなく、
地下のアナグラ的な荒廃ムード漂う場所で、
仲間とテキーラ瓶を回し飲みしたい、
弟マーフィみたく、
つまむようにしてタバコ吸ってみたい、
どうにかして兄弟とお揃いの
ケルトロザリオが手に入らないか
等々、日々妄想やら願望が
私の脳内で渦巻いております。


そういや、大学の学園祭にて
処刑人フリークのEちゃんと二人で、
マクマナス兄弟のごとくモデルガンを持って、
薔薇さんを無理矢理膝まづかせて
両手を頭の後ろに組ませて
二人で彼女の後頭部に
銃を当てて遊んでたことを
思い出しました。

あ〜近くに
処刑人祭りができる友達が居ないことが
こんなに寂しいとは…

居たら絶対に
飲めもしないテキーラとか
ワイルドターキーとかを
買いこんで、
吸いもしないタバコを
兄弟っぽく持ったりして
アングラ飲み会を開くのに!

何ていうか、
もう結婚して30に届きそうなのに
大学のときとメンタルが
何も変わってないことに
恥ずかしさと
愛着を同時に感じているタツタでした。
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-25 09:11

処刑人Ⅱ

【2010/05/23】

a0063390_3225453.jpg


「処刑人Ⅰ」にどハマリしてから10年間、
待ちに待った「Ⅱ」が劇場公開されるとのことで、
早速、観に行って参りました!

ネット予約だと映画館に行かなくても、
事前に良い席の予約ができるんですが、
崇拝してやまない映画をスクリーンで拝めるというこの貴重な機会・・・
前売り券のおまけも欲しいし、
兄弟がプリントされたチケットの半券も欲しい!
ということで、ランチタイムに会社を抜け出し
事前に前売り券をゲットして、
本日劇場に向かいました。


ここからネタばれが若干入るかもしれないので、
これから見るぞ!という方はスルーしてくだされ。


この映画は、
神の啓示を受けた親父と兄弟(Ⅱでは40歳過ぎてます)が
正義の名の元に、悪人たち・マフィアをぶっ殺しまくるという、
荒唐無稽なストーリー。

銃撃戦が多く、流血シーン満載、
「Fu○k」「ホモ野郎!」「イチ○ツ」等のスラングも
これでもかというくらい言いまくるため、
当然R指定となっております。

なのに、なぜかファミリーが集まる、
SATYのワーナーマイカルシネマで上映されており、
正直、異色オーラーを放ちまくり、
場違い以外の何物でもない。

その証拠に、本日は公開2日目の日曜日、
しかも雨という映画鑑賞日和なのに、
広い会場には客は6名・・・。
ワーナーさんよ、完全に上映作品の選択をミスっとるよ

ただ、劇場はとっても綺麗だし、
スクリーンはでかいし、
前後左右に人は居ないして、
私としては文句無しの環境でした!


さてさて、肝心の内容ですが・・・
私は、自他共に認める、
ファンを超越した「スーパー・ファン」なので、
処刑人萌えのフィルターがかかりまくっており、
まったく客観的に観れませんでした・・。

この状態を前提としてなので、
一般の方が見るとそうでもないのかもしれませんが、
私にとってはもう・・・

最っっ高でした!!!!
一人でバーニングしまくりでした!!!

ストーリーは大体前作と同じで、
親父の過去の話がプラス。
悪ノリっぷりは、前作のノリを踏襲しつつ、
さらに加熱しており、
特に兄・コナーのテンションの高さや馬鹿騒ぎっぷりが熱かった。

前作では、やんちゃな弟・マーフィーを冷静な兄がたしなめる、
という構図ができていたと思うのですが、今回は真逆。
コナーってそんなに明るくて、はっちゃけた性格なんだ、
この10年間で何があったんだよとツッコミたいくらい。

個人的に好きだったのは、
悪人を制裁した後の宴にて、
でっかいロブスターを自らの股間に当てて、
「俺のイチモ○をくらいやがれ!!」と、
キャッキャと仲間を追い回していたシーンですかねえ。(遠い目)

映画全体を見て、
今回は兄の方が断然目立っていたような。
いや、私が兄大好きなので、
弟はアウト・オブ・眼中だっただけなのかもしれない。

ただ、やはりショーンは45歳なだけあって、
中年親父特有の丸さというか、柔らかさが出ており、
前作よりは明らかに鋭さはダウン。当然筋肉もダウン。
逆にノーマンは前作とあまり変わらず、
鋭さある美青年っぷり全開でしたよ。(でも41歳)

処刑人ファンの方には「Ⅱ」はかな~りお勧めです!

うお~、この音楽がここで使われている!
前作のこの台詞やこのシーンは、
ちゃんと受け継がれているのね、
やっぱりここで兄弟喧嘩が始まるんだ・・・
などなど、懐かしすぎる発見がたくさんできます。
10年待った甲斐がありました。

パンフは当然ゲット!
ただ、ワーナーマイカルでもキワモノ系の扱いなのでしょう、
グッズは皆無でした。買う気満々だったのに!
本物に忠実なロザリオが本気で欲しい・・・。
そもそも売ってるのだろうか。

ここしばらくは処刑人ムードに浸れそうです。
ああ、幸せ!

 
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-24 03:22

マロ

【2010/05/23】

実家のマロだけど、
症状は良くなっておらず、
もう、まともに歩けない状態で、
用足しに間に合わないこともあるので、
オムツを着用しているそう。
ごはんもほとんど食べずに、
水だけはやたらと飲むとのこと。

私が実家に帰った3月にはピンピンしてて、
散歩も、昔に比べると引っ張らなくなったけど、
ぐんぐん前に進んで、元気いっぱいだったのに、
この急激な変化はどうしたものだろう。

母が「こんな状態でも散歩は大好きで、
今日はあそこまで行けたのよ!!」と言っていたのが、
ほんの家のすぐ近くの場所で、
今年の3月だったら、
そんな場所までしか散歩に行かなければ、
満足できなくて、
家に入るのを足を踏ん張って嫌がってたのに・・・。

その母の言葉で、
マロの症状がよりリアルに伝わってきて、
そこまで深刻になってたんだと、
愕然としました。

マロことを考えると可哀相で涙が出てくるけど、
泣いたところで事態は変わらない。

本屋で老犬介護の本を探すと、
何冊か見つかったので、
それを読んで、役に立ちそうな用品があれば
実家に送ってあげよう。

この事態に何をしてあげられるのかを考える方が
ずっとずっと良いよな。

皆さん、マロのこと、
そして私のことを心配してくれて
本当にありがとう。
その暖かい気持ちにすっごく救われます・・・。

辛いけど、もうお年寄りだから仕方ないってことも分かっていて、
近くでその姿を見ていないので、
ちょっとはフィルターを通しているような感じもあって、
そこまで精神的に追い詰められていないので、大丈夫!

ひとまず、介護で大変な家族の負担を減らせる方法、
マロが少しでも楽になってくれる方法を
探してみたいと思います。
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-23 03:41

マンション購入確定

【2010/05/23】

この前のブログで書いたマンションを購入することが確定しました。
明日、本契約の打ち合わせに行ってきます。

4日でマンションを決めて、
一ヶ月半後には引越し。(←今の家賃が勿体無いのでできるだけ早く)
なんて驚異的なスピードなんだろう。

どういうデザインの部屋にしようかなあと
インテリアの本を買って、いろいろと考察中。
リビングは無難なナチュラル系、
自室はオレンジを多用したカジュアル+ナチュラル系
旦那の部屋はカオス系(?)
こんな感じでしょうかね。

ああ、引っ越すの楽しみだなあ。
でもその前に、膨大なお金が出て行く・・・
貯金が・・・。
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-23 03:24

連絡を取ってみた

【2010/05/23】

性格が合わずに、
すっごい精神的に振り回された元彼に
連絡を取ってみた。

先日、客先に行く途中で、
駅で見かけたような気がして、
なんとなく気になって。

深い意味はなく、
今度会おうとかそういう類の内容でもなく、
単なる近況報告。

すると珍しく返信がきて、
その後3往復ほどメールのやりとりが続いた。

彼は信頼できる人だけど、
自身の能力を磨くことにかなり傾倒していて、
感情をあまり表に出さず、
もの静かで何を考えているのかわからないタイプ。

要は今の旦那とは正反対。

メールの文面でも、
自分のキャリアアップに繋がった経験が
クールな文面て綴られていて、
このような性格の人が、
人情派の私と合うわけないよなあ・・・・。
当時の私はよく我慢して付き合ってたなあと、
自己分析がまったくできていない、あのころの己を哀れんでみたり。


共通の友達の超意外な結婚報告をすると、
普通は「それはびっくり!彼もついに人生最大のモテキがきたか!」とか
そういうノリの返事がくるかと思いきや、
「みんな変わっていくんだね」の一言ですもん。
うーん、クール!


でもまあ、
そういう性格の人と合わないということを
分からせてくれたのは
彼のおかげなので、
あの付き合いも、
それなりに得るものはあったんだよな。

何はともあれ、
彼はいろいろシミュレーションしながら
今度の進む道を考えているそうで、
そういう真摯な内容のメールのやりとりができて、
結構、楽しかった。

また気が向いたら近況報告でもしてみよう。
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-23 03:06

ふー

【2010/05/23】

最近仕事が超忙しいです。
ほぼ毎日終電帰り。

ただ、こんなに無茶苦茶に働いてお金を稼げるのも、
子供ができるまで、
現実的に見てあと2~3年でしょう。

わが社ははっきり言って、
女性に優しくない。
お金を稼いでなんぼ、
コンスタントに稼ぐためには
人一倍がむしゃらに働くことが求められ、
育児などで男性と同等に働けない女性は
会社にとっては正直マイナス。

会社が女性のことをそんな風に考えているのが見え見えなので、
もし子供ができたとして、
今と同じように働くことは、周りからの圧力がかかるだろうし、
何よりも迷惑をかけてしまうので、無理。
事務職に転じることも、歳を取ってる分、給料が高くなるし、
歓迎はされないだろうなあ。

というわけで、
今の仕事ができるのはあと2年くらい、
じゃあ納得いくまでやって、
受注目標達成の為にも営業活動もして、
どーんとお金稼いでやろうじゃないか!!
ってな心境です。

なので、毎日終電でもメンタルはまだ平気。
だってこの生活が今後一生続くわけではないんだし。
期間限定と思えば、
なんとかやっていける。


ただ、本日化粧品ストアで肌診断をすると、

「表皮が生まれ変わるスピードがかなり遅いですねえ。
不規則な生活をされてませんか?
疲れがかなり肌に出てますよ」

と言われてしまいました。

肌の手入れは日々念入りに行っているので、
血液循環や角層、真皮の状態は割と良い方だったんですが、
いかんせん疲れだけはどうすることもできず。
如実に現れましたなあ・・。

取り急ぎ、表皮の状態を改善する
ナイトクリームを購入しました。
その他、無くなりつつある化粧品をすべて買うと、
かなり高額になってしまった・・・・

いや、でもここで化粧品とお手入れに手を抜くと、
30歳こえて、ドドドっと肌のトラブルがやってくるんだ、
将来への投資と考えて、我慢しろー!
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-23 02:44

擬人化ブーム

今、密かにオタク界に
擬人化ブームが訪れているのをご存知でしょうか。

私が本屋で見かけた擬人化アンソロジーは、
都道府県、野菜、JR路線、
野菜、ファストフード店、
香辛料、通信サービスなどなど、
もう何でもアリなんすね…
というくらい多種多様。

東京さん、埼玉さんという、それぞれの都道府県が持つイメージを
人間のイケメンとして置き換え、
時にギャグだったり、時に腐女子的な展開に持っていったりと
好き放題して楽しんでるわけです。


最近ドコモまで、
携帯を木村カエラに置き換えて擬人化CMを流している!
オタクブームが一般にも浸透してきていることに
少々恥ずかしさを感じる今日このごろ…。


ちなみに私の携帯は
カバーは外れ
塗料は剥がれまくり、
どうやったらこんな状態まで持っていけるのか!?
とネタになるくらい悲惨なことになってますが
擬人化すると、

己の力量を見誤り、
無謀な夢ばかりを見て、
結局はホームレス化している男…
そんな感じだと思います。
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-21 09:14

マロが・・・

【2010/05/09】

あれだけ元気だった実家の愛犬・マロが
肛門のガンに侵されていて、
ここ数ヶ月で劇的に衰弱しています。

『肛門周囲腺腫』という病気で、
去勢をしていない老犬によく見られる病気らしい。

腫瘍もかなり大きくなっていて、
除去するとなると、肛門筋を傷つける可能性が高い、
また、15歳という高齢なので手術に耐えられないかもしれない、
という獣医の判断で、手術は行わず、
なんとか薬で症状を抑える処置を取っています。

ただ、薬では治ることはなく、
腫瘍はどんどん大きくなってきているようで、
マロはご飯もほとんど食べなくなって、
体重が2ヶ月で6キロもダウンしてガリガリ状態、
あれだけ好きだった散歩にも行きたがらないという
本当に可哀相で仕方がない状況になっているよう。
(私は遠方に居るので、その姿は見ていませんが・・・)

両親曰く、
私が実家に帰省を予定しているお盆までは持たないと思う・・・とのことで、
15年もタツタ宅で暮らしている家族で、
弟のように思っているマロが居なくなるかも・・と思うと、
もう涙が止まりません。

私が帰省した3月末には
元気いっぱい、相変わらず散歩も大好き、
食欲も旺盛だったのに、
私が東京に戻ったとたんに、
いきなりこんなになってしまうなんて。

高齢の犬を飼っている友達数人が、
「老いはいきなりやってくるよ」と言っていて、
この元気なマロに限ってはそんな片鱗も見せないし
大丈夫だろう!と思っていたのになあ・・・。

普段は平気なんですが、
ふと、マロのことを思い出して、
もう一生会えなくなるかもしれないと思うと、
涙を抑えられない・・・。

いや、まだ生きてるのでそれも失礼極まりない話なんだけど、
でも、歳のことを考えると、
楽観的に見られないのが現実・・・。

は~・・・人であれ動物であれ、
一生会えなくなるということは
なんて悲しくて、絶望的なんだろう。

きっと亡くなった本人は、
悔しいとか悲しいとかそんな感情からは開放されていて、
何とも思っていないのに(そりゃ亡くなってるんだから)
残された者たちのダメージは計り知れないなあ・・・。

いやいやいや、
まだマロは生きてるんだから、
そんな悲観的になってどうする!
でもあんた現実をみなよ・・・という感情が渦巻いていて、
結局はうわーん、と涙してしまう今日このごろでした。
[PR]
by patrick6006 | 2010-05-09 20:14


タツタが個人的に行っている、野良猫の保護活動の記録です。


by patrick6006

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2014年 12月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新の記事

【しばらく固定記事】当ブログ..
at 2014-12-31 22:58
ホシ、無事に手術完了、リリー..
at 2013-03-29 08:16
ホシ、捕獲できました!
at 2013-03-26 11:47
捕獲失敗しました(><)
at 2013-03-25 16:56
TNR漏れのホシ君
at 2013-03-22 11:24
TNR完了したと思っていたの..
at 2013-03-20 21:01
飼育放棄されている様子のウサギ
at 2013-03-06 23:49
TNR報告書を配りました
at 2013-03-01 14:52
ショーコをリリースしました
at 2013-02-25 07:09
ショーコちゃん捕獲しました
at 2013-02-21 23:17

カテゴリ

子育て関連はコチラ
地域猫・猫ボラ

その他のジャンル

ブログジャンル

猫

画像一覧