<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

リポビタン

【2010/06/20】

ここ二ヶ月ほど毎日終電近くまで仕事という
超厳しい生活が続いており、
慢性的な寝不足と身体のダルさが酷く、
一日を乗り切れる気がしなかったので、
駅のキヨスクでリポビタンDを買って
その場で一気飲みしておりました。

その姿を先輩に見られ、
「お前・・・どっから見てもオヤジにしか見えん」
と一言。

さらに、家に帰ってから、
疲れを吹き飛ばす為に、
「いよっしゃい!!自分、今日もお疲れさま~!」
と、ノーメイクであぐらをかきながら、
チーズたらを片手に缶ビールをごくごく飲んでいると
「どっからみてもオッサンにしか見えん」
と旦那の冷たい視線が。

こう立て続けに、
同じ台詞を別の人間から言われると
本気で態度を改めた方がいいのかも・・・
と思ってしまうタツタでした。
[PR]
by patrick6006 | 2010-06-21 00:00

いよいよ引越し

【2010/06/20】

来週日曜日にいよいよ新居に引っ越します。
大学時代から、今まで4回ほど引越しをしましたが、
今後、何もなければ
これで人生最後の引越しになります。

縁もゆかりもない埼玉県に落ちつくとはね。
今のところ愛着はゼロですが、
今後、埼玉を好きになれたら良いなあ。

やっぱりまだ高松や京都への思い入れがかなり強くて、
関東はどうしても好きにはなれない自分が居ます。
決して嫌いではないんだけれど。
もし関西か関東かどっちでも好きな方に住んでよいといわれると、
間違いなく関西を取る!
子供ができたらこの気持ちは変わるのかしら・・・。

さて、こんなシリアスな話はおいておいて、
現時点で、荷造り完了率は60%

不要なものは、半年前の引越しの際にあらかた処分しているので、
今回は比較的荷造りは楽に済みそう。


ところで、引越し先のマンションには
旦那の幼馴染が住んでいるのですが、
この二人が最近やたらと仲良しで
なんだか笑える。

異様な仲良しエピソードはこんな感じ。

ほぼ毎週の休日
真昼間の14時から21時くらいまで二人で飲んでいる。
会話は、住まいとゲームと仕事の話。
毎回毎回毎回会話の内容は変わらず。

「近所のスーパーが24時間になった」
「○○というゲームが今、熱い」等の
何気ないメールの頻度が多い。
そして互いのレスが早い。

頑固なN君なのに、
友人の意見にはアホみたいに素直に従う。
例えば、N君が
新居の自分の部屋でいつでもビールとコーラが飲めるように、
小型冷蔵庫を置くと、かなり無駄な計画を立てており、
私がいくら反対しても聞かなかったのに
「キッチンまで近いから要らないんじゃない?」の友人の一言で
あっさりと断念する、とか。

N君も友人も情に厚いタイプでもなく、
男友達大好き!男とツルむの最高!といった感じでもないのに
この仲良しっぷりは一体・・・。

同じマンションで自分の旦那と、
旦那の友人の奥さんが・・・・ではなく、
自分の旦那と旦那の友人が・・・
なんてことになったら、
正直面白すぎる!!
[PR]
by patrick6006 | 2010-06-20 23:32

乙女ゲーム

【2010/06/20】

告白するのはちょっと恥ずかしいのですが、
最近のマイブームはズバリ『乙女ゲーム』。

一体なんのこっちゃ、という感じだと思いますが、
要は、自分が主人公になって、イケメンたちにちやほやされて、
告白されることを目的とする、
女性向けの恋愛シミュレーションゲームのことです。
ちなみに男性向けで有名なのは、『ときめきメモリアル』ですね。

4月に京都に行ったときにオタクネタで盛り上がり、
触発されて、久しぶりにプレイしたみたんですが、
イケメンたちが乙女心をくすぐるセリフを
恥ずかしげもなく発してくれて、(当然、音声あり)
これがなかなかストレス発散になるんですよね。

『お前の行く先は俺の手で切り開く!この役目は誰にも譲らねえ!』

『こんなに穏やかな気持ちで一年を迎えることができるなんて、
これもお前という大切な存在ができたからなんだろうな』

『お前は俺の主であって、俺の唯一の女なんだ!
許可なく他人に触れさせることは許さねえ!!』

とかとか。
一体どんなシチュエーションでそのセリフが!?
というのは置いておいて、
これを寝る前に、旦那と同じベッドで
音声ありでプレイしている私が
我ながらすごいと思う。
(旦那は背を向けて少年漫画を熟読中。私の存在は完全に無視)

それにしても、こういうゲームって
大概、主人公は女子高生で、
周りのイケメンたちも10代後半~20代前半がメインなので、
ちょっと年齢差がありすぎて萎える。

どこかに、
仕事に疲れたアラサー女が主人公で、
20代後半~40歳くらいイケメン達が
異世界にトリップした主人公を邪悪な敵から守ってくれて、
現実世界に帰還した後も、
「ホラ、こっそり受注150%つけておいてあげたよ☆
君は今月は何もしなくてもいいんだ。ゆっくりお休み・・・」
とか甘いボイスで囁いてくれるゲームがあれば即買いなのに!!

後輩のオタク君もゲームが大好きで、
よく今プレイしているゲームの話で盛り上がるんですが、
「昨日さー、プロポーズされちゃってさ。も~どうしよ!」
など、いろいろと痛い報告をしていると

「タツタさんは何処に行きたいんですか?
あなた人妻でしょう?」

と真剣な顔で言われました。

本当に、私は恋愛シミュレーションゲームの先に
何を見ているのだろうか。
[PR]
by patrick6006 | 2010-06-20 16:37

今月も締めが終わりました

【2010/06/20】

6月の受注と売上の締めが終わりました。

私は今月は自力達成ならず・・・無念。
もう7年目なのに、上司が足りない分を補足してくれて
何とか目標額まではいきましたが・・・
情けねえことこの上ない。
やってもらってることが1~2年生と一緒じゃないか。

受注活動、構築、フォロー・・・
これらをまんべんなくこなしつつ、
受注100%を達成するのは、
正直、難しすぎる。

ここ最近、毎日毎日会社を出るのが23時半なのに、
やることが多すぎて、
もう手が回らない。

やはり、うまく後輩に頼んで、
構築物件やフォローをこなして
私は受注に注力するしかないんだろうなあ。
とはいえ、後輩も毎日終電まで仕事やってるし・・・。
彼らにも高い受注目標があるし。

くそ~う、
最近、肉体、精神共に毎日が辛いっす・・・。

ちなみに旦那も状況はまったく同じ。
こんなに会社にやられてる夫婦って・・・。
[PR]
by patrick6006 | 2010-06-20 16:06

ここぞとばかりに更新

【2010/06/06】

先日、香川に帰省した際に、
弟の小学校の運動会を見に行きました。

ちなみに、弟は小学生ではなく、
小学校の『先生』です。

先生として働く雄姿を見るために、
お父さん、お母さん、お婆ちゃん、姉ちゃん(私)で
お弁当を持って、意気揚々と出かけるんだから、
どんだけ息子バカな家族なんだと、
自分でもちょっとあきれてしまいます。

でも高齢のお婆ちゃん(82歳)も含めて、
家族皆でお出かけなんて、
今後そうそうあることではないので、
思い出作りも目的の一つとして、
いざ出陣。

天候にも恵まれて、
小学生とじゃれる弟、ビシっと統率する弟、
普段とまったく異なる姿を見られて、
先生という難しい職をちゃんとまっとうしてるんだなと、
感動してしまいました。

ちなみに、こうして家族皆でお出かけできたのも
マロが天国に行ったからなんですよね。
もしマロが居たら、看病の為に外出なんて出来なくて、
この最高の思い出はマロからの贈り物と思えば、
なおさら大切なものになりました。

ちなみにお祖父ちゃんはデーサービスを利用中で、
不在でした。
[PR]
by patrick6006 | 2010-06-06 13:40

癒しスポット2

【2010/06/06】

My癒しスポットについて考えてみたところ、
こんな感じになりました。

①直島の瀬戸内海を見渡せる景色 + 黄かぼちゃ

a0063390_1322040.jpg


②京都の哲学の道

a0063390_13233621.jpg


③京都全体

地元と、気心しれた友人と大学時代を過ごした京都。
これに勝るスポットは無いです。

結婚して、マンションも買って、
一生東京、というか埼玉に住むんだけど、
やはり故郷や関西への熱い想いは消えそうにありません。
あ~帰りてえ。
[PR]
by patrick6006 | 2010-06-06 13:26

ケルト十字がほしくて

【2010/06/06】

処刑人の映画を観てから、
兄弟がいつも身につけているケルト十字のロザリオがほしくて、
とうとう自分で作ってしまいました。

a0063390_13145163.jpg


a0063390_13154310.jpg


さすがに兄弟そっくりのはゴツいので、
まあギリギリ、ファッションとしても通用するかなといったテイストに。
Tシャツにデニムのパンツなど、
カジュアルな装いだとセーフでしょう・・・・。きっと。
[PR]
by patrick6006 | 2010-06-06 13:17

My癒しスポット

【2010/06/06】

先日、マロの弔いに実家の香川県に帰省したのですが、
またもや行って参りました。
私の中での最高の癒しスポット、直島へ!

以前のブログにも書きましたが、
直島はヴェネッセコーポレーションが主体となって、
現代アートと島文化をコラボさせた島として
人気の観光スポットとなっております。

今回の訪問で何回目なんだろう・・・
え~と・・・・5回目かな。

青い海と、ぽっかり浮かぶ船や島、
その先にぼんやり見える故郷の高松の町。

この風景を見ているだけで、
仕事のことも、東京での雑多な暮らしも、
何もかも忘れて、
穏やかで、とても落ち着いた気持ちになれるのです。

a0063390_1182670.jpg


a0063390_1183785.jpg



高松の実家では、
立派なマロの祭壇が作られていました。

骨壷に入ったマロを見せてもらったけど、
真っ白で薄い骨になっていて、
これがあの元気に走り回っていたマロなのか・・・と
言葉では言い尽くせないほど、
虚しく寂しい気持に。

もう一生マロと会えない、
この事実はやっぱり辛いなあ。

マロは皆に愛されて、本当に幸せな犬だった、
もう思い残すことはないだろう、
など、いろいろと自分に言い聞かせてはいるものの、
もう会えないという現実を再認識すると、
そんな慰めもまったく効果なく、
ひたすら寂しい気持が押し寄せてくるのでした。
[PR]
by patrick6006 | 2010-06-06 11:08


タツタが個人的に行っている、野良猫の保護活動の記録です。


by patrick6006

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2014年 12月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新の記事

【しばらく固定記事】当ブログ..
at 2014-12-31 22:58
ホシ、無事に手術完了、リリー..
at 2013-03-29 08:16
ホシ、捕獲できました!
at 2013-03-26 11:47
捕獲失敗しました(><)
at 2013-03-25 16:56
TNR漏れのホシ君
at 2013-03-22 11:24
TNR完了したと思っていたの..
at 2013-03-20 21:01
飼育放棄されている様子のウサギ
at 2013-03-06 23:49
TNR報告書を配りました
at 2013-03-01 14:52
ショーコをリリースしました
at 2013-02-25 07:09
ショーコちゃん捕獲しました
at 2013-02-21 23:17

カテゴリ

子育て関連はコチラ
地域猫・猫ボラ

その他のジャンル

ブログジャンル

猫

画像一覧