<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ムカつくガキども

ここ一週間で、大層腹が立つガキ2名に遭遇したので、
この場をかりて、タツタの鬱憤をはらさせていただこうと思います。

<ケース1>

その男の子は我がマンションの住人なのですが、
朝、旦那とエレベーターに乗ると、
先に乗っていたその男の子が、
私たちがまだ完全にエレベーターに乗りきっていないにも関わらず、
「閉」ボタンを、ダダダダダダと連打。
それはもうすごい勢いで連打。
次の住人が乗ってきても、住人が降りるときも、
ドアが開いた瞬間に、
ひたすら「閉」ボタン連打攻撃を繰り返しておりましたよ。

まあ、うちのマンションのエレベーターは「閉」ボタンを押しても
確かに反応が遅いんですが、
それは住居用のエレベーターだから、
安全を考慮してそうなっているわけで、
連打しても何も変わらないし、
何よりもその失礼すぎる態度にカッチーン!!

親御さん、
あなたの息子はこんな失礼な息子に育ってまっせ。
でも私、注意するほどその子に愛情無いし、
自分に直接的な害は無いので放置。
すんません、無責任な大人で・・。

<ケース2>

出張に行く為に、いつもより一時間くらい早い電車に乗ったときのこと。
疲れたサラリーマンにとって、
電車の中でのポジション取りは死活問題。
乗車駅から座れることは100%ないので、
座席前の吊り革を握られる位置に立って、降車駅に着くまでに、
目の前に座る人が一駅でも早く降りてくれることを祈るばかりなのです。

というわけで、私もポジション取りにはかなり気合が入っているのですが、
駅のホーム一列目で電車を待っていて、
さあ電車が来た、陣地を確保するぞ!と意気込んで乗り込もうとすると、
後ろに並んでいた女子中学生が、ぐいと割り込んできて、
彼女が持つ、超でっかい荷物が他の乗客にぶつかることもお構いなしに、
どんどん、戦車のごとく中に進んでゆく。
最後に残っていた吊り革ポジションは当然のごとく奴に占拠され、
ドちくしょう!と舌打ちをしたタツタでした。

まあここまでならよくある話なのですが、
この後が酷い。

こやつ、チアリーダー部なのか、
単なる運動会の応援組みなのか知らないけれど、
(顔の造りや雰囲気からして華やかさが皆無なので、後者の方だと思われる)
鞄の中から、応援するときに手にもつボンボンを取り出し、
まだ未完成だったのか、満員電車の中で続きの製作活動を始めたのです。
そのボンボンが、丈夫なビニール素材でできており、
ガシャガシャ、もう煩いの何のって。
あまりに煩いので隣のおっさんが優しく
「電車の中でやったら駄目だよ?」と注意するも、
その女は完全無視。
ちょっと離れたところに居るおっさんも
「チッ、煩えなあ!」とぼやくも、これまた無視。

私もあまりにイライラするので、
思いっきり冷たい目で睨んでやると
(私は目つきが悪く、睨むと結構怖いらしい)
目があったその一瞬は手が止まるが、
しばらくするとまた続きをはじめる。

こんな感じで、30分間、
周りに居た乗客はボンボン騒音に憤怒の感情を抑えつつ、
耐え凌いだのであります。

親御さん、ケース1のガキよりも
あんたんとこのお嬢さんの方が、
人としてやべえと思いますぜ。

「自分がされて嫌なことは他人にもしない」
人間社会の最低限のルールを叩き込んでやらねえと、
取り返しのつかねえことになるんじゃないかい?


と、ムカつくガキ共エピソードをお伝え致しました。
もし私に子供が生まれても、
「エレベーターの「閉」ボタンは連打しない」
「電車に乗るときに割り込みをしない」
「荷物を人にぶつけない」
「電車の中で騒音を立てない」
これは、口をすっぱくして伝えようと思います。
[PR]
by patrick6006 | 2010-09-25 10:47

極寒の世界

本日は日帰りで静岡出張でした。

データセンター(別名:極寒地獄)で
9:30~19:00の間立ちっぱなし。
お昼に40分くらい休憩が取れたけど、
寒くて寒くて本当に死ぬかと思ったわ・・・。

データセンターとは
企業の親パソコンがズラリと管理されている建物で、
機械の熱がこもらないように、
常に16~19度くらいにエアコンがガンガンに設定されており、
空気を滞留させない為に、床下から常に風が吹き荒れ、
機械の地鳴りようなゴオオオオという低音が止むことなく鳴り続け、
唯一、寒さをしのぐことができる場所というのが、
親パソコン内のFANから流れてくる、機械の熱だけという・・・
寒さが苦手な女子にとっては、
地獄以外の何物でもない場所でありんす。(イメージ→

そこで丸一日突っ立ってるんだから、
その疲れっぷりは半端じゃねえ。
来週の火曜日も同じ場所で仕事だよ・・・・。
は~しんど。

私は寒冷じんましん(寒くなるとじんましんが出てくる)持ちで、
昔は寒いと、太ももに赤いじんましんが点々とできていたのですが、
それが今は、ほっぺたの一箇所にのみできるという妙な症状に変化しており、
お昼過ぎに何気なく鏡を見ると、
寒さが身にこたえたのか、案の定、見事に発疹してました。
ただ・・・どう見ても、
頬をでっかい蚊に刺されたとしか思えないような、間抜けな出き方なので、
誰にもまったく心配されないという。
ちなみに帰りの電車で温まると自然に消えていきました。

ところで、本日のランチに食べた、
静岡名物の桜えびのかき揚丼は最高だった!
あんなサクサクのかき揚は初めてだよ!
しかも580円という格安価格!

こういう地元ならではの
美味しいものを楽しめるので
極寒地獄出張でもまだ救われる・・・。

でももう行きたくないなあ。
肌にもすんごく悪いし・・・・。
[PR]
by patrick6006 | 2010-09-25 00:45

FF14が発売されました

働かずにゲームの世界のみにどっぷりと浸かってしまう「廃人」を大量に生み出し、
ゲーム内のお金がリアルマネーに換金されるほどの人気を博している
オンラインゲーム『FinalFntasy14』が
9/22に発売されました。

旦那は前作「11」からの超やりこみプレーヤーで
彼がこのゲームに費やした時間を計算すると、
何時間になるのか怖すぎて聞けない・・・。

ちなみに昨日発売された「14」はPC版で、
稼動させる為のPCのスペックは
相当ハイレベルなものを要求されているとのことで、
旦那は、このゲームをする為だけにハイスペックPCと
大画面のディスプレイを新調しておりました。

そして、同じマンションに住む、
旦那の親友のO君も立派な廃人仲間。
O君はこのゲームの発売に備えて、
6連休を取っており、その熱狂っぷりは言わずもがなですな。

この廃人たちは、2人で相談してまったく同じPCを新調しており
(確か「11」の時も2人で同じPCを購入していた・・・)
さらにO君がまとめて「14」の初回限定コレクターズエディション版を購入して、
本日の朝7:00に我が家に届けにきたりして、
(昨晩渡してもらうつもりが、仕事が遅くなって、受け取れなかった)
しかも偶然、作成するキャラクターの名前が2人して豆腐関係の名前だったり
(全世界のプレーヤーが居るので、日本人だと分かるような名前することだけ
2人で決めていたらしいが、なんで偶然にも豆腐系で重なるのか)
お前ら、30歳というええ歳してるくせに何してんのや!!
と声を大にして言いたい。

この2人、ゲーム内のチャットで飲む約束をして、
マンションの入り口で落ち合って、近所で飲んで、
帰ったらまたゲームの世界で再会、
寝るときとご飯中だけ離席して、また再会・・・
これを繰り返しております。

まあこのゲームがサービス開始になったことで、
旦那のスロット熱が下がるので、
いいっちゃいいんですがね。

ちなみに私はというと、やりたい気持もあるんですが、
ハイスペックなPCを新調してまでやる気力はなく、
今はこっそりと新撰組系のゲーム(PSP版)を楽しんでおります。
その話はまた別の機会に・・・。
[PR]
by patrick6006 | 2010-09-23 21:53

日帰り秩父旅行

昨日、レンタカーを借りて、
旦那と秩父に長瀞(ながとろ)ライン下りに行って参りました。

関西在住の方は、
保津川下りの荒川Verと認識していただいたら
分かりやすいかなと。

天気が良い連休の中日だったので、
かなり混んでいたのですが、
運良く、駐車場も待たずに停められて、
乗船のときも、たまたま二人の空きが出たので、
優先的に乗せてくれて、
何かとツイていた私たち。

ただ、その後のランチで約60分待たされ、
予定していたフルーツ狩りは、
決められた収穫量を観光客が狩ってしまって、既に終了、
見つけた温泉は、効能がある温泉ではなく、単なるお湯が張っていただけで、
最後に寄った古本屋では欲しい漫画が見つからず、
残念な出来事が多々発生しましたが、
今回の日帰り旅行は、
自然に沢山触れられて、
いい気分転換になりやした!

埼玉って関東なのに、
意外に自然が多くて、山も川も多くて、
いいところですね。
(でも海は無いんだよな。やっぱり瀬戸内海のあの素晴らしい風景が恋しい)

ただ・・・関東の道路の渋滞にはうんざり。
私の地元の香川なんて、
道路が渋滞することなんて皆無なので、
渋滞を避けて、出発と帰宅の時間を調整するという行動に慣れん。
今後、一生関東で暮らす者の宿命ですなあ。
[PR]
by patrick6006 | 2010-09-20 18:37

締まりました

締まったのは、
ダイエットの成果が出た我が身体ではなく、
我が社の半期分の締め日が昨日でございました。

結果は・・・。
SEとしての受注目標と、
営業目標のそれぞれは達成しましたが、
売り上げが散々・・・。

「売り上げ」というのは、
営業活動でゲットした注文があって、
それを無事にこなして、
お客様から「OK!じゃあ約束の〇〇円払いまっせ」
という、支払い許可が出た〇〇円のことです。
これにも毎月毎月、
目標があるわけです。

しかし、物件によって、
いつお客様に納品できるかは様々で、
とくに金融のお客様なんて物件規模が巨大で、
構築期間が長期に渡るので、
売り上げられる月がかなり先になってしまうことがほとんど。

なので、毎月売り上げ目標を達成するには、
短期スパンで売り上がる注文を継続的にゲットして
コントロールするしかない。
でも翌月に売りあがる注文なんて、
小さな注文、すなわち額が小さな注文が多く、
受注目標、売り上げ目標には達成しない・・・。

要は、売り上げ月が先の大型注文と、
売り上げ月が短い小型注文を
バランスよく、コンスタントに取る必要があるわけですね。

私は金融のお客様が多いので、
売り上げ月がかなり先になっており、
半期の売り上げ目標は未達でした・・・。
まあ他にも未達の理由(しかもドス黒い)はいろいろあるんですがね・・・。

難しい話をいろいろとしてしまいましたが、
残り半期も、営業目標、SE目標、売り上げの3つが
ちゃんと達成できるように頑張ろうっと。

やっぱり未達の状態で締まると
気分は良くないですしね。
[PR]
by patrick6006 | 2010-09-18 11:40

バイオハザードⅣ観てきました

最近、毎週毎週映画館に通ってるような・・・。

インセプション、トイレット、バイオハザードⅣ

しかも前売り券を買わずに、全部定価で観てしまっている・・・。
前売り券って、当日に劇場に行ってからしか
席の予約ができないので、
「あ~いい席に座れなかったらどうしよう」と、
落ち着かなくてあまり好きじゃないんですよね。
前売り券に付いている「おまけ」はかなり魅力的ですが・・・。

その分インターネット予約は支払いと席の予約まで
事前にネット上でできるんで、
当日も時間ギリギリに映画館に行けばよく、
気分的にすごく楽。
まあ、値引きは一切なくて、
定価になってしまうのがマイナスなんですがね。

ちなみに今回初めて3Dで映画を観たのですが(2D版は上映していなかった)、
感想としては、別に3Dでなくてもいいんじゃねえの?といった感じ。
まあ確かに所々立体的ではあるけど、
そこまで劇的にそうなってるわけでもなく、
プラス300円と慣れないサングラスを着けてまで
観る価値はないように思えてしまいました。


さて、バイオハザードⅣ自体の感想は・・・
ここから先はネタばれを含みますので、
これから観るぞという方はお控えください。



ストーリーは、悪性ウィルスが蔓延して
ゾンビたちで溢れかえった地球で、
主人公アリス(ミラ・ジョボビッチ)と仲間たちが、
諸悪の根源である巨大製薬会社アンブレラをぶっ潰そうと暴れまわるというもの。

観終わった感想はズバリと言いますが、
面白くねえ。
1~3まで全部観てるけれど、
一番面白くないんじゃあ・・。

ストーリーに奥がない、
ゲーム版バイオハザードをプレイしていることを前提とする、
シーンやキャラクターが多く、
未プレイの人は「??」となるに違いない、
もういい加減よせばいいのに、
最後の最後で新キャラ(ゲームではお馴染みすぎるキャラ)を登場させて、
まだまだ続編出しまっせ!的な終わり方をする、
などなど。

私はこの映画のオリジナル作品である、
ゲーム版バイオハザードを
中学生のころからやりこんでおり、
結構コアなファンだったりするんですが、
ゲームファンとして、
「あ、この戦闘シーンはあのシーンと同じだ!」とか
「うおー、登場人物の服がゲームとまったく一緒やんけ!」とか
「あのキャラ、実写版だとエラいイケメンやんか!」とか
「この敵キャラを映画に出したのか!まあインパクトあるからいいんじゃねえ?」とか、
そういう超マニア的な見方をすると、
ツボを刺激されるシーンは多かったのですが、
ストーリーだけに注目すると、
高いお金(2100円)を払って観ることも無かった、
というのが正直な感想。
ちなみに旦那も同じでした。

ところで、このゲーム版バイオハザードで長年主役を務める
マッチョな兄貴、クリス・レッドフィールドの実写版は、
プリズンブレイクのイケメン坊主のウェントワース・ミラー。
これは無骨でダサいクリスのイメージとはかけ離れており、
人気を狙っただけかよ!と思わざるを得ない。


a0063390_20183733.jpg
a0063390_20192467.jpg

↑ゲーム版の兄貴と映画版イケメンお兄様。ギャップが激しすぎる・・・。

そしてクリスの妹のクレア・レッドフィールドは、
ゲーム版では元気で凛とした女子大生のはずなのに、
映画ではちょっとケバい金髪の美女に・・。

さらに、キーマンであるウェスカー先生・・・。
これはゲームでは金髪、オールバック、サングラスの冷酷なイケメンなんですが、
実写版では、結構崩れたオッサンが演じており、
もうターミーネータ2の液体人間演じてた人でええやんかと、
言いたくなる・・。

まあ、こういう風に映画とゲームのミスマッチや
ベストマッチを探しながら鑑賞するのであればお勧めですが、
純粋にストーリーを楽しみたい方には
お勧めできない作品でした・・・。
[PR]
by patrick6006 | 2010-09-12 20:02

このセンスがたまらない

よく東北に出張に行く為、
東北新幹線の「はやて」とか「MAXやまびこ」には慣れ親しんでるんですが、
盛岡駅でこんな奴らを見つけました。

a0063390_983439.jpg
a0063390_983951.jpg


あと1人、女役が居るみたいですが、
パネルが見つからず・・・。

こいつら、あまりにも気に入ったので、
タツタとツーショットで写真に撮り、
写真CDのジャケットにまでしてしまいました。
[PR]
by patrick6006 | 2010-09-12 09:11

マロ

最近、なぜかマロの夢をよく見ます。

あいつは女性が大好きなエロ犬だったので、
私がお風呂に入ろうと裸になると、
よく向こうからタッタッと寄ってくるんですが、
そのシーンの超リアルな夢を見ました。

夢か現実か分からないくらいはっきりとマロの姿があって、
軽やかな足音まで聞こえてて、
尻尾をブンブンふって喜んでるマロを抱きしめようとすると、
傍に居た母親に「もうマロはおらんやんか」と言われ、
「あ、そうか・・・」と気づく。
すると、目の前に居たリアルなマロの姿がどこにも無くなっている。

やっぱり未だに悲しいです。

当たり前に居た存在が居なくなって、
もう一生会えないなんて、
やりきれない気持に飲まれそうになってしまう・・。

しんみりしてしまったので、
私のお気に入りのマヌケな写真をアップ。
この無表情さの裏には怒りが込められており、
この後、おとんの手がどうなったのかは不明です。

a0063390_8574352.jpg

[PR]
by patrick6006 | 2010-09-12 08:55

フィンランド人

先日、フィンランド人のシステム担当者とやり合ってきました。

長身、スタイル良し(ちょっと腹が弛んでるが)、
金髪、短髪、甘いマスクで、
結構なイケメンだと思うんですが、
タツタの好みではない。
『甘いマスク』というのが、
どうも私の嗜好に合わないんですよねえ。
外国のメンズに関しては、
シャープで鋭い方が好みです。

なんとなくガッカリしながら、
「エート、アナタの名前はナント読むンデスカ?(名刺を見て)」
「タツタです。あ、ふりがなを書いておきますね」
とやりとりをしつつ、
無事にトラブルは解決。

彼はデーブ・スペクターばりに日本話がうまく、
会話はまったく困りませんでした。
「コレ、ドウヤッテcopyしているんデスカ?何かのtool使ってマスカ?」
「いいえ。Windowsのxcopyコマンドでやってます」
「オーウ、ナルホド!ワッカリマシタ~」
ってな感じで、
普通にシステムチックな会話もできました。

まあ、タイプがタイプでないかはおいて置いて、
滅多に無い、イケメン白人のシステム担当者とのやりあいは、
刺激的で面白かったです。
[PR]
by patrick6006 | 2010-09-12 08:42

残念

明日は岩手の小岩井出張です。

岩手といえば、
どうしても行きたい『古都・平泉』があり、
実費で前泊して平泉を満喫してから、
明日、小岩井に仕事に行こうと思っていたのに・・・
雨の影響で東北本線運転見合わせとのこと。

厳密に言うと、
一ノ関~平泉間は見合わせていないみたいですが、
東北のあらゆる路線で運転見合わせが続出しており、
ということは、東北の天気はそうとう荒れてる模様・・・。

せっかくの平泉なのに雨では台無しだよなあ、
ということでホテルもキャンセルして、
小旅行を断念しました・・・。

は~高館義経堂の高台から
平泉随一の景色を眺望したかったなあ~。
そして、ランチは餅を使った『お餅御膳』を食って、
夜は盛岡で冷麺でシメたかったのに!

超面倒くさがりで、ギリギリになっていつも心が折れるタツタが、
平泉旅行に向けて準備ばんたんで、
さあ行くぞ!というときに、そんな悲報が・・・。

出張ついでの旅だったので、
旅費がほとんどいらないという絶好のチャンスが、
今度はいつやってくるのか・・・・。


くそ~、やってらんねえ!
[PR]
by patrick6006 | 2010-09-12 08:30


タツタが個人的に行っている、野良猫の保護活動の記録です。


by patrick6006

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2014年 12月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新の記事

【しばらく固定記事】当ブログ..
at 2014-12-31 22:58
ホシ、無事に手術完了、リリー..
at 2013-03-29 08:16
ホシ、捕獲できました!
at 2013-03-26 11:47
捕獲失敗しました(><)
at 2013-03-25 16:56
TNR漏れのホシ君
at 2013-03-22 11:24
TNR完了したと思っていたの..
at 2013-03-20 21:01
飼育放棄されている様子のウサギ
at 2013-03-06 23:49
TNR報告書を配りました
at 2013-03-01 14:52
ショーコをリリースしました
at 2013-02-25 07:09
ショーコちゃん捕獲しました
at 2013-02-21 23:17

カテゴリ

子育て関連はコチラ
地域猫・猫ボラ

その他のジャンル

ブログジャンル

猫

画像一覧