<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

遂に三十路デビュー

私、タツタが今、
どこで誕生日を迎えているのかというと、
慌てて会社を飛び出して、なんとか駆け込み乗車できた終電です。
周りが酒臭くてブルーになる。

長期休暇を取るために、
毎日睡眠時間が3〜4時間の
死にそうな日々を過ごしていたせいで、
今日から豪州旅行なのに
ほぼ準備ゼロ!

成田空港集合が19時なので、
それまでに買い出しをしないと〜(>_<)

それにしてもちゃんと終電で帰って、
家から成田空港に行けて
良かった!
徹夜で成田直行も覚悟してましたもん…。


さてさて、
早速誕生日メールくれた皆さん、
本当にありがとう(^O^)
やっぱり仲良しの友達からのメールは
すっごく嬉しい!
皆、いい感じに一緒に歳を重ねていきましょ♪

さあ今日から三十路デビュー、
大人として恥ずかしくない行いをしつつ、
おもいっきり楽しんで生きていくど〜(^-^)v
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-29 00:20

まだ20代ですが

私の20代も10/29に終わりを告げます。
グッバイ20代、そしてハロー30代。

20代と30代の差・・・
女性にとってこれは結構大きいと思う。
何よりも、相手に与える印象が全然違うんじゃねえかと。

この前、一緒に仕事してた後輩(25歳)が
「30歳なんて、僕にとったら完全に熟女ですよ」
とほざいてやがったな。
てめえ・・・マジでふざけんなコノヤロウ。

でもなー最近、確実に白髪が増えてきたしなー。
酔っ払って下ネタ連呼するオヤジの対処も
若い頃に比べて上手くなってきたしなー。
会社の女性の中では、中堅クラスになったしなー。
もう結婚して、恋愛事できゃあきゃあ言って、
彼の為に綺麗になろ!なんて思わないしなー。
(ダイエットしよう!とは思うけれど・・・)

「熟女」発言は、趣味がスロットのモテない草食系男子の戯言なので
完全にシカトするとして、
歳をくったのは間違いない。
それがあと数日で30歳という実態を伴うわけですよ。

ここで30歳という区切りに
改めて自分の人生を振り返ってみると・・・

浪人したけどそこそこの大学に行かせてもらって、
そこそこの企業に就職して、
数は少ないが、数種類のタイプの男性と付き合って、
最終的には同じ会社の気が合うタイプと結婚して、
会社から通勤1時間の場所にマンション買って・・・

今のところは、絵に描いたような「勝ち組」人生ではないけれど、
なかなか自分で満足いく人生を歩めているのかなーと。
何よりも家族と友達と旦那に恵まれているしね。

ただ、心残りなのは、
実家から離れたところに嫁いでしまったことか。
これはいかんせん、今でもすごく寂しい・・・。
地元の友達や関西の友達、家族にもっともっと会いたい・・。
(ぽんずよ、この前は電話をくれてありがとう!久しぶりに声が聞けて嬉しかった!)

ウチの旦那は実家も近いし、
幼稚園時代からの親友が同じマンションに住んでるし
環境はすっごく恵まれてるよなあ。
いいなー。

まあこればっかりは、
離婚して実家に帰るしか打開策は無いんだから、
いい加減腹をくくって、
遠く離れた人との絆を大切に生きていこう!!
勿論近くの人との絆もね!
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-24 22:14

旅行中に持っていく本

プールサイドのパラソルの下で
カクテルと共に読む本といえば
恋愛小説もしくはグロイ犯罪小説が相場らしい。

それも海外小説だと、日本とは全然違う外国の雰囲気が
金髪ナイスガイに惚れられる主人公、
もしくは凶悪犯を追い詰めるFBI捜査官になった気にさせてくれて、
なおさら良いらしい。

さて、私の場合。
今回の旅行で何を持っていこうかと考えたところ、

『燃えよ剣(上・下)』(著:司馬遼太郎)

に決定。
誰もが知る、新選組副長土方歳三の生涯を描く歴史小説。
(なにやら新米ママのエリンぎも歴史小説にハマってるとか?
偶然よのう・・・ムフフフ。)

これを南国の地で読破してやるんだ!
私は何処に行ってもジャパニーズ・サムライスピリッツを忘れたくない・・・
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-24 21:48

もうすぐオーストラリアです

半年以上遅れましたが、
10/29~11/4にオーストラリアのケアンズとゴールドコーストに
新婚旅行に行ってきます。

タツタの希望としては、
スペインやヨーロッパで
美術館や遺跡や建築物の鑑賞をして、
カフェでお茶飲んで、雑貨巡りして・・・
というプランが理想だったのですが、N君が
「そんなツアー金もらっても行きたくねえ!
だったら日本でスロットしてる方が100万倍ええわい!」
と、断固として、それはもう頑なに、決して譲らない為、
不本意ですが、仕方なくオーストラリアに決定。

オーストラリアといえば、
グレートバリアリーフに囲まれた美しい海、真っ白い砂浜!
が魅了的だと思うんですが、
正~直、水に浸かるの、
面倒臭いんですよねえ。

髪が海水に濡れるとボサボサになってしまう、
髪が少ないから、水に濡れるとペタ~となって、
見るも無残な姿になってしまう、
日に焼けるのが嫌だ、
かといって日焼け止めで顔がかぶれたらどうしよう、
泳ぎ終わったあとの化粧をどうすんだ・・・
などなど、面倒臭い要素を数え挙げるとキリがねえ。
誰も私がスッピンでも、髪型が変でも
そんなことはちっとも気にしない、
そんなこたあ分かっているんですが、
自分が嫌なんです。納得いかないんす。

おいおいおい、
今更文句言うのは大人としてどうよ?
だったら、なんでオーストラリアに決定したのさ!
最終的にOKを出したのは自分、
だったら腹くくれや!!

ああ、漢(オトコ)タツタの正論が聞こえてくる・・・。

オーストラリアは海だけじゃない!
コアラとか、カンガルーとか、熱帯雨林観光とか、オージービーフとか
その他いろいろ、水系以外でも楽しむ要素はあるじゃないか!

ようし、
段々と楽しみになってきたゾー。

ああ、そうだ。
オーストラリアに発つ前日まで富山連泊なんですよ、私。
先日は八戸にも行ってたし、
全国津々浦々、うろうろしてるなあ自分。
なんか旅行の前日まで家に居ないって、落ちつかねえなあ。
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-24 13:21

結婚式に行ってきました

同期のイケメンK君が、
長年連れ添った彼女さんと目出度く祝言を挙げるとのことで、
都内の超一流ホテルに行って参りました。

さすが世界的に有名なホテルなだけあって、
エントランスに入ったとたんに、
超巨大できらびやかなシャンデリアがお出迎え。
ここまで素晴らしいシャンデリアは生まれて初めて見ましたよ。
これが落ちてきたら確実に30人は即死や・・・
と、目出度い席なのに失礼極まりないことを考えつつ、
挙式、そして披露宴に出席。

何が素晴らしいって、
奥さんの笑顔が100万ドルの夜景も色あせるくらい
キラッキラッ輝いてまして!

「あたし、〇〇クンと結婚できて、
本当に本当に本当に幸せっ!!」

と、声に出さなくても、
その顔を見ただけで、全ての人が分かってしまうであろう
トマホーク級のスマイル!

確かに、
旦那は年下で背が高いイケメンで
(似ている芸能人は・・・例えが悪くて申し訳ないけれど、若くてカッコいい頃の押尾学?)
一部上場企業に勤める、地に足ついたサラリーマン。
顔が良ければ性格は難あり?と思いきや、
優しくて、人当たり抜群で、後輩の面倒もしっかりみて・・・
正直、ダメなところを探すのが難しいくらいの好青年です。

そりゃあ嬉しいわなあ。
どこに出しても恥ずかしくない、
いやむしろ自慢したくて仕方がないくらいの旦那だもんな。

奥さんにこんな笑顔をさせるなんて、
あんたのイイ男っぷりは、ますます上がったね。
K君、本当におめでとう!!


ちなみにちょっと面白かったエピソードが。

K君カップルはとても仲が良くて、
人前でも割と平気でイチャイチャラブラブする派で、
結婚式のスピーチでも

「僕たちの夢は、チャーミーグリーンのCMに出てくるような、
いつまでも恋人みたいな夫婦で居ることですっ!」

と、聞いてるこっちが恥ずかしくなるような内容を
堂々と話しておりました。

なのに、我が社の名物部長のスピーチの内容は
以下の通り。

「恋愛とは『激しい愛』。激しい愛はすぐに燃え尽きてしまいます。
夫婦とは『継続』なり。恋愛のような激しい愛だけでは、
この後の何十年を共に乗り越えることは難しいでしょう・・・。
では、『継続』させる為に必要なこととは、それは『信頼』です。
一日でも早く、恋人同士から互いを信頼するパートナーに転換してください」

うお~う、
彼等夫婦と言ってることが真逆だよ!!

まあ部長のスピーチが先だったんで、
部長がK君夫婦の理想論をたたきつぶしにかかったわけではないんですがね。

でもまあ部長が言うことの方が正しいだろうなあ。

いつまでも恋人のような夫婦かあ。

子供が居ない、
もしくは子供が結婚して完全に手を離れ、
夫婦として見直す時間ができた老夫婦だと
恋人のような関係を継続することも可能かもしれんが、
日本人の国民性とか、その他いろんなことを考えても、
ちと厳しいんじゃねえかのー。

しかも奥さん、「あたし一日でも早く〇〇クとの子供が欲しいのっ!」って、
拳を握り締めて言ってて、披露宴中に流れるビデオのコメントでまで言及してたよな。
ということはお子さんを作る気はまんまんで、
それで旦那と恋人って・・・うーん・・・。

と、一生ラブラブ宣言をするカップルを見て、
お目出度い場なのに、
冷めた目線になってしまった自分に
ちょっと自己嫌悪・・・。
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-24 00:24

くそー

先日の腹が立つ飲みにて(一個前のブログ参照)
例の先輩から私の勤怠態度をボロクソに批判されました。

まあ確かに、週に1回くらいは朝礼が始まって
1分くらい経過してからコソっとフロアに入ることもありますが、
それ以外はいたって真面目、
架空の直行もしないし、
心が折れることによるAM休も(あまり)取らないし、
そこまで言われなくても・・・と思ったのですが、
その先輩とは同じ路線を使っており、
私より遠い駅に住んでいるくせに、
彼は8:30には会社に着いている為、
確かに言い訳できねえよなあと、反省。

「じゃあ明日は8:30には会社に行きますよ!」

「言ったな!お前、それで明日朝礼に遅刻したら殺すからな!」

「絶対に行きますよ!!」

ちなみにこの会話をしているのは朝の3:30 in 銀座です。

今から家に帰っても睡眠時間は1~2時間・・・
キツイが、約束した以上は誠意を見せなければ!!

と、頑張って6:30に起きて、
8:30には会社に行きましたよ。

すると・・・
例の先輩は居ない。

始業の9:00になっても姿を見せない。

9:05になってやっと電話がかかってきて

「ごめん~、俺AM休で。飲みすぎで立てねえ~すまん~」

はあー。
もうなんだかねえ・・・・。

「お前の勤務態度は酷すぎる!
 だから元ネットワーク部隊の人間はダメなんだ!」
「社会人としての意識に問題があるんじゃないか!信用ならねえんだよ!」

と人間性まで否定され、
そこまで言われる筋合いは正直ないけれど、
確かに朝礼に遅れるのはよくないよね、
と反省した私が馬鹿でした。

あ~なんかいろいろと腹立つわー!
でも、先輩には受注の額は到底勝てないので
そう強くも言えない・・・・。

あの不快な飲み会の気分が未だに抜けない週末の夜です。
よし、もう飲むしかねえ!!
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-16 21:07

先日の飲みで

とても我が強くて、他人の意見もろくに聞き入れず、
我が道を突っ走るけれど成績はちゃんと残す、
一つ上の先輩と
結構ハードな口論になりました。

ウチの部署は、
ハードウェア専門の部隊と
ネットワーク専門の部隊が合併してできた部署で、
前者と後者に属していた人々は、
「THE体育会系」と「THEインテリ系」とで
まったく毛色が異なります。

合併はしたものの、
考え方や仕事の仕方がまったく異なる為、
両者の溝は簡単には埋まらない今日この頃。

人情派VS理性派の戦いは、
どちらかというと人情派の人々(元ハードウェア部隊)が、
理性派の人々(元ネットワーク部隊)を非難する傾向が強い。
そう、まるで関西人が東京人を忌み嫌うけれど、
東京人は関西人に対して、「何一人で熱くなってるんすか?」と
冷めた目でみていて、それがかえって関西人の戦闘魂に火を点けるという、
まさにそれの縮小版です。

ちなみに私はハードウェア部隊2年、
ネットワーク部隊5年の経歴を持つので、
ほぼネットワーク部隊の人間(理性派?)で、
我の強い先輩は、叩き上げのハードウェア部隊の人間(人情派?)です。

その先輩曰く、元・ネットワークの人間は
人間的にも冷たくて、後輩の面倒も見なくて、
勤怠の態度も酷くて(朝遅刻しがち、直行が多いなどなど)、
お金も稼いでこない、
もうアイツら最低だあ!とのこと。

まあ確かに、
勤怠の態度は、元・ネットワークの上司たちが甘いので
下の人間もそれに甘えて、遅刻がち、無駄な直行が多いのは確か。
それは認めましょう。

ただなあ、
それ以外の部分は聞き捨てならんぞ、
この〇ンカス野郎が!(あまりに下品なので隠語で)

私らはなあ、元・ハードウェア部隊が嫌がって手を出そうとしない
難解な金融のお客様の仕事を何件も抱えてんだよ!
てめえら、それをこなしてから文句を言ってみろや!

(先輩)「俺はお前よりは金融の仕事でも上手く収められるわ!
自信持って言える!」

(タツタ)「はっ、そんなんやってみてから言ってくださいよ!」

という感じでヒートアップしていたのですが、
その先輩の

「バカヤロウ!金を十分に持ってこねえ奴に
何も言われたくねえ!」


この一言で、おっしゃる通り、
もう何も言えなくなってしまいました。

確かに、グループ長であるあなたは毎月死にもの狂いで
お金を稼いできて、高すぎるグループ目標に貢献してますよね。
それに比べて私は・・・。
すんません・・・今月も泣きたいくらいに大幅未達です。

ウチの会社は
「ちゃんと自分の受注目標を達成して、
グループへの貢献もしていねえ奴は
偉そうに発言すんな」的な、
空気が若干流れています。

でも、確かにそんな嫌な空気は流れているけれど、
それを堂々と口に出して、下の人間をけん制するのは
この人のキャパが狭いんじゃないかと思ってしまうタツタでした。

いや、でも下といっても、
もうリーダーなんだからお金を稼げて当たり前・・
それができない私はまだまだ未熟なんだろうなあ。
いや~、でもあの会話の流れは、
稼ぐ稼がないの受注の話題ではなかったし、
トドメでその話題を引っ張り出してくるのは、
先輩としてちょっと未熟なんじゃあ・・・。

この先輩との飲みでは
勉強になったり、態度を改めようと改心させられた部分もありましたが、
大変不愉快な気分になることも多々あったので、
もうしばらくはこの人とは飲まない、
と心に誓った夜でした。
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-16 20:39

豚の角煮

最近、気候が良いので、
週末に旦那とマウンテンバイクで少し遠出をしています。
お弁当を作って、目的地に着いたら
冷たいビールで「乾杯!」。
車ではできないこの贅沢・・・幸せの瞬間です。

さて、今回の遠出では、
美味しい豚の角煮を作ってビールと共に楽しもうと、
いろいろな人たちの角煮レシピを調べて、
挑戦してみたのですが・・・・。

味は良いんですよ。
しょうがやニンニクが程よく効いていて、
甘さも丁度よくて。

ただね~、
肉のチョイスを思いっきりミスりました。
これはもう致命的以外の何者でもなし。

だって、レシピの材料に「バラ肉」と書いてあって、
私は「バラ肉って、豚のバラバラになった肉のことよね。
でも角煮にバラバラの薄い肉って、ありえなくねえ?完全に間違いだよなー」と
すさまじい勘違いをして、
角煮っぽいという見た目だけで、
脂身がほとんどないブロック肉を
大量に購入してしまったんですもん。

手間隙かけたせいで、
肉に味はよく沁みてるんですが、
いかんせん脂身が無いので、
パサパサ感がどうしてもあって、
単なる煮物っぽい料理が出来上がってしまいました。

旦那に完成品を見せると、
「これバラ肉じゃないだろ!」とすぐさま言われて、
「いやいや、ちゃんとブロック肉を買ったよ。バラバラな肉じゃねえよ」
と回答する自分って、本当に何歳ですか?と言いたい・・・。

どうして私はこんなにも料理のことを知らないのだろうか。
例えば、魚の切り身にしても、
サーモンとサバとえんがわくらいしか、自信を持って当てられない。

まあいいや。

今回の角煮事件では、
「バラ肉とはバラバラになった肉のことではない」という
ことは理解できたので、
私にしては一歩前進です。
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-16 12:41

いかにもな感じ

「俺、明日彼女と会うことになりました」

「えっ!?完全に別れたんやないの?」

「・・・そうなんですけど、向こうから会いたいって言ってきて」

「・・・アンタ、それ、完全に元カノに利用されてるで。
嫌いじゃないけどなんだかモノ足りなくて男を振ったものの、
相手がまだ自分に好意を持ってることが分かっていて、
辛いときだけ都合よく頼らせてもらうという、
女の自分勝手な心理・・・
手に取るようにわかるワー」

「・・・やっぱりそうなんですかね・・・」

「そうに決まってるわ。
どうせ新しい男ができたけど、うまくいってなくて、
一時的に自分を好いてくれる元カレで寂しさを紛らわせ、
今カレとうまくいき始めたら、
昔の男なんてすぐさまポイやで、ポイ!」

「・・・頭では分かっているんですけど・・・でもやっぱり会いたくて・・・」

「アンタ、はっきり言うけど、元カノに利用されてるだけや。目ぇ覚ましいや」

電車の中でこんなコテコテな恋愛話を繰り広げつつ、
帰社する私と後輩。(←長年付き合った彼女に振られ、現在未練タラタラ)
隣の人が興味津々な様子で、聞き耳を立てておりましたよ。

『真剣に恋愛相談をする新人と
ちょっと恋愛が分かった風に偉そうに語る女の先輩』
というコテコテの構図。

自分がその立場に立ってみると、
後輩には申し訳ないが、かなり楽しいっす!

「この前タツタさんが、別れたら未練を断ち切るために一切連絡を取るな!
ってアドバイスをくれましたよね。
確かにその通りでした!だんだん彼女のことを考えなくなってきましたもん」

「ほほーう。なのに、明日会うんかい。今ままでの我慢が台無しやんけ」

「だって、彼女、俺が誕生日だったから、渡したいものがあるって言うんですよ?」

「そんなン知るかい!彼女さんにイイ感じの男ができて、
向こうからあんたを振ったんやろ?
そんなんでプレゼント渡したいって、どう考えてもおかしいやろ」

「でも会うって言ってしまった以上、責任持って会うべきだと思うんですよ」

「それは責任という名の未練やな。
まあ好きにすればええんやない?
元カノさんの精神安定の為に利用され、その先は進展は無し、
苦しみだけが待ってるだけや」

「・・・やっぱりそうですよね。ああ~俺、どうしたらいいんだろう!」

「とか悩んでおきながら、あんたは絶対に明日会いにいくやろな」

いや~ん、私ってばカッコイイ!
恋愛経験豊富っぽい、この返し!
(っぽいだけで、実際はろくな修羅場も経験していない初心者です)

この後輩君の行く末が気になるところですが、

> どうせ新しい男ができたけど、うまくいってなくて、
> 一時的に自分を好いてくれる元カレで寂しさを紛らわせ、
> 今カレとうまくいき始めたら、
> 昔の男なんてすぐさまポイやで、ポイ!

間違いなくこれ(↑)だと思うので、
結果が分かればこっそりこの場でお伝えしようと思います。
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-09 04:06

両親がやってきます

明後日に従兄の結婚式があるため、
実家から両親がやってきます。

両親と会うのはお盆以来で、
しかも新居にやってくるのは初めて。
私の好きな街と、お気に入りのマンションを
一番見せたかった人たちなので、
明日やっとそれが叶うと思うと本当に嬉しい!

ちなみに旦那は明日は山梨で仕事、夜は同窓会とのこと。
親子水入らずで、銀座で美味しい焼肉食べて、
マンションで晩酌して、まったりするんだ!


さて、昨日はテンションが下がりまくっていて、
くら~いネタを書いてしまったタツタですが、
今は割りとテンション高め、気分も上々です。

なぜなら、明日から三連休で両親がやってくることに加えて、
仕事で後輩たちから元気をもらったから!

まずは一人目、
2年目の営業君。

お客さんとの会話の中で、
私が苦手な業務アプリケーションの話になったときに
さっとフォローに入ってくれて、お客さんを納得させてくれたり、
我がネットワーク部隊の、日頃のお客様サポートの姿勢をしっかり見てくれて、
「ここまでお客さんがウチを信頼してくれてるのは、
ネットワーク部のサポートのおかげですよ!」と感謝の言葉をくれたり、
はたまた仕事の話とは一転して、
恋愛の悩みを打ち明けてくれたり・・。

そして二人目、
3年目の同じ部署の後輩。

毎日毎日、あふれんばかりの仕事に忙殺されつつ、
その真面目な性格を活かして、
お客様サポートは丁寧すぎるくらいしっかりとやる後輩。

細かいことにいちいちうるさいお客さんからのメールで
「いつも丁寧にサポートしてくれたありがとう!
頼もしいパートナーに恵まれて、
貴社を選んで本当に正解でした!」
こんな温かい一言が!

あんたの一生懸命なサポートのおかげで
お客さんがこんなに喜んでくれて、
ウチを信頼してくれてんだよ!

後輩君の頑張りがお客様に認められるってのは、
正直言って、注文が取れるよりも何倍も嬉しい!

こういうことがたまにあるから、
辛い仕事でも続けられるんだろうなあ。
[PR]
by patrick6006 | 2010-10-09 01:09


タツタが個人的に行っている、野良猫の保護活動の記録です。


by patrick6006

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

以前の記事

2014年 12月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新の記事

【しばらく固定記事】当ブログ..
at 2014-12-31 22:58
ホシ、無事に手術完了、リリー..
at 2013-03-29 08:16
ホシ、捕獲できました!
at 2013-03-26 11:47
捕獲失敗しました(><)
at 2013-03-25 16:56
TNR漏れのホシ君
at 2013-03-22 11:24
TNR完了したと思っていたの..
at 2013-03-20 21:01
飼育放棄されている様子のウサギ
at 2013-03-06 23:49
TNR報告書を配りました
at 2013-03-01 14:52
ショーコをリリースしました
at 2013-02-25 07:09
ショーコちゃん捕獲しました
at 2013-02-21 23:17

カテゴリ

子育て関連はコチラ
地域猫・猫ボラ

その他のジャンル

ブログジャンル

猫

画像一覧